ロジクール M575 を購入。M570/M570t/SW-570/MXTB1sユーザーの感想

投稿者: | 2021年10月16日

遅ればせながらM575を購入

そろそろ値段も少しこなれてきたのでロジクール M575 を購入しました。
amazonが一番安いです。プライムだったりするとたまにさらに安くなることもあります。

届いた箱は小さくなってますね。

開けてみると、SW-570と大差ないです、というか、ほとんど違いを感じません。

前の型はM570と言ってますが、途中でM570tに型番だけ変わったっぽく、そのあとUSBレシーバーが変わってSW-570になったようです。その後継としてM575が出ました。


  • 形状はM570と変わらず。曲面の取りあk多賀少し変わっている
  • ボールの位置も少し変わっている
  • 使用感はほとんど同じ
  • 掌の当たるところが帯状のデザインになっている(光の反射が変わる程度?)

形状的にはほぼ同一なのですが、同じロジクールの MXTB1s より断然いいです。
(下の写真の右が MXTB1s )

MXTB1s は高かった割に残念仕様。手の当たる位置がゴムっぽい作りで、これ、使い続けたらベタベタしそう。MXTB1sの角度も変えられる意味がよくわからないし、使いづらいです。重いので持ち運びにも向きません。手の当たる構造等も自分は M570 / M575 のほうがいいです。
この M575 のサイズもちょうどよく、エレコムの M-XT3DRBK と M-XT4DRBK(右手用と左手用)を購入して使ってみたところ、手の乗せる部分が小さめで、かつ、角度も違い、両手で使っていたら激しい肩こりをしてしまいました。

機能面で地味にうれしいのが Bluetooth 対応です。
USB子機もあります。子機は本体裏側の蓋を開けると電池の収納する場所の隣に入れるところがあり、持ち歩きには困りません。ペアリングも悩むことなくできます。
(なお、MXTB1s は子機を収容する場所がなく、なくしたり、持ち歩けないという難点があります。)

もちろん、感度はまったく問題を感じません。