価格ウォッチャー、ハードディスクとエルゴキーボードと16ポートハブ

投稿者: | 2019年9月21日

安い製品みつけました

少々久々感がある価格ウォッチャーです。

HUH721010ALE600

Western Digital の HGST Ultraster He10 ブランドで出ている SATA 600 のディスクです。
7,200回転でヘリウム充填の10TBモデル。

これは、600、601、604と型番が3つあるようです。販売する国で違うのかものは同じだというネットの記事を信じてみることにします。価格コムでは600と604があり同じ値段。
最安値は 49,000円。

これが楽天の風見鶏で33,001円。
これはびっくり価格。中古かと思ったら新品。昨日朝で18個でしたが、今は16個。それそのはず。2個購入したのがこのブログ書いている人間だから。楽天のセールもあり15%くらいのポイントが見込めるので買ってしまいました。

購入するのは、とても残念なことに今回組んだshuttle SH370R6v2 に入れたWestern Digital パープル WD101PURZ ( SATA 600 7,200回転 10TB ヘリウム充填モデル )が失敗だったことです。

予想以上に音がうるさいです。ネットで見たスペック比較だとアイドリング時20dbAと書いてありました。HGSTモデルのほうは2dbAとあり、その値を信じるなら10倍の騒音。
20dbくらいで騒音と言うのもなんですが、室内でパソコンを使っているとなると気になる音量です。Shuttleの静音化ではオリオスペックが有名だと思います。今でもあるかもしれませんが、以前は電源をACアダプタタイプに交換したものを売っていて、それを買ったこともあります。その当時で18dbとか20dbを切る値を書いていたと思います。だからハードディスクだけで20dbとなると、結構うるさいとのかもしれません。

今まで組んできたShuttleのキューブでは、気になる音は500Wの電源(300Wなら静か)と、ハードディスクです。
ハードディスクは共鳴するのか低い音がブーンとなると、これは難しいです。重りになるものを筐体内側に貼るとか、ハードディスクの上面に貼る等しても効果は薄かったです。
最近のWesternDigital(HGST)のディスクは共鳴や振動は相殺するようなことを言っているものの、回転するモーターがある以上、無音は無理。回転し続ける以上、低い振動はあります。

このWD101PURZは、常時キャリブレーションしているようなカコカコという音がします。これが20dbの原因でしょう。回転のブーン音はあまりしないけれど、クック、とか、カコカコという感じの音がし続けます。

もともと監視カメラ向けとして売っているものをパソコンに入れているのだから、性能面でも音の面でも、こういうことがあっても仕方ないでしょう。

Sculpt Ergonomic Keyboard for Business USB Port 5KV-00006

Microsoftのエルゴノミクス・キーボードです。

マイクロソフト エルゴキーボード 5KV-00006 など

使い心地とか、コレおすすめですという話は上記リンクを参照してください。
腕への負担が減るのでとてもいいです。
5個持っている(自宅用、自宅で会社パソコン立ち上げたとき用、会社常駐、客先常駐、予備)のですが、この値段なら買ってもいいかなと思います。

前回に呼びを買ったときは、amazon で 4,618円だったようです。
今回はタイムセールで 4,543円ですから、消費税アップ前にチャンス(笑)
通常は5,700円くらいで推移しているので1,000円くらい安い換算です。

予備にひとつポチっておこうかと考えてしまうところ。

NETGEAR の GS316-100JPS も安い

NETGEAR スイッチングハブ ギガビット 16ポート ファンレス 設定不要 省電力設計 3年保証 GS316-100JPS ということで、なんのことはない16ポートのスイッチングハブです。

個人的には横並び16ポートではなくて、8ポート2段にしてほしかったけれど、NETGEARにはそういう製品がないのでこれを購入。(今年2月)
もちろん、なんの問題もなく使えています。
自分が2月に購入したときは 5,643円でした。
今回はタイムセールで 5,420円です。

最近は値下がりしてきたものの6,000円くらいで推移していたものがこの値段。その前は6,500円くらいで推移していました。

amazonタイムセール、楽天買い回り、もうすぐ消費税アップ

買い物がはかどる感じです。